当社の事業とフェイスシールドが新聞に掲載されました。

この度、当社(株式会社ウォンツ)が参画する
障がい者福祉×ネット通販事業が、
 
福祉未来価値創造大賞2020のソーシャルビジネスモデル部門で、
全国15団体の中から1位の大賞を受賞いたしました。
 
 
「健常も障がいもなく、活躍できる事業を」
「障がい者と呼ばれる方達の賃金向上を」
 
という願いのもと、少しづつチャレンジをして参りましたが、
10年越しでやっとひとつのカタチとなりました。
 
これも多くの方々のご支援のお陰です。
心より御礼申し上げます。
 
写真は、
cookai(空快)の産地である福井県鯖江市の市長に
受賞のご報告を差し上げたところです。
 
地元福井新聞様と、地元テレビ局FBC様にも取材いただき、
本当に有り難い限り・・・
なのですが、ひとつだけcookaiの重大な問題が露呈してしまいました。
 
それは、
全員フェイスシールド(マウスタイプ)を装着しているのですが、
自然過ぎて写真には映らないということです。。。
(TVでは何とか映りました)
 
 
そんなcookai 空快ですが、
マスク生活で口元が見えなくてコミュニケーションに困られている聴覚障がいの方や、
感覚過敏でマスク着用が困難な発達障がいの方にも役立ってほしいです。
 
そして、cookaiをお届けする物流部門においても、
健常とか障がいとか関係ないぐらい、
毎日一生懸命素晴らしいお仕事をしてくださる仲間達に、
たくさんのお仕事を作れるよう頑張って参ります!
 
今後とも、応援くださいますよう
よろしくお願い申し上げます。
 
2020.12.01 福井新聞様より